ビジネスを保護し、強化する

レジリエント・クラウド・ワールドの構築
sa.globalの実践 - レジリエンス

その理由

レジリアンスの実態

よく言われるのは、「クラウドに移行すれば、レジリエンスやリカバリーに悩む必要はない」ということです。クラウドは、コストの削減、アジリティの向上、リスクの低減など、大きな可能性を秘めていることは間違いありませんが、レジリエンスやリカバリが重要でないということではありません。クラウドソリューションが適切に計画・導入されなければ、企業リスクという課題に直面することになります。さらに、今日の組織は、情報やサービスのために、社内外の複数のシステムと関わっています。システム、データ、ユーザーの数が増えれば増えるほど、レジリエンスの複雑さと必要性も増していきます。

レジリエンスが現実のものとなるということは、データやアプリケーションが継続的に利用可能で保護されている必要があるということです。ビジネスサービスの可用性とリスクの許容範囲との間で適切なバランスを取るために、クラウドの回復力を最初から設計、実装、維持する必要があります。

何が

セキュリティ、コンプライアンス、リカバリー

当社のレジリエンス・プラクティスは、マイクロソフトの原則に基づき、マイクロソフトのデータセンターの物理的セキュリティ、アイデンティティとアクセス(多要素認証/シングルサインオン)、ユーザーまたはアプリケーションのインターネットアクセス、ネットワークとファイアウォールに関する制限など、セキュリティに対する多層的なアプローチを提供します。これは、Microsoft Azure、Dynamics 365、Power Platform、Microsoft 365の4つの柱をベースに、仮想マシンの強化と保護、クラウドでの安全性と耐障害性を維持する方法に焦点を当てて提供しているものです。

その方法

経験とノウハウを味方につける

私たちは、クラウドが未来であるだけでなく、現在でもあることを認識しています。何百ものオンプレミスとクラウドのDynamics導入に携わってきた私たちの専門知識は、お客様のローカルデータセンターで生まれます。私たちは、クラウドがもたらす現在のインフラの新たな拡張を理解し、今日のデジタルの世界で安全に過ごすことができるよう支援します。

訪問

受賞・表彰

Image

始めよう

メールでのお問い合わせ :
お問い合わせ :
フォローする :
Copyright © 2022 sa.global

Search