Microsoft Power Automate

RPA、DPA、AI機能による生産性の向上

Microsoft Power Automate

Microsoft Power Automateは、以前はMicrosoft Flowとして知られていたインテリジェントなクラウドベースのアプリケーションで、反復的、手動的、時間のかかるプロセスをゼロコーディングで最小限の労力で自動化することができます。Microsoft Power Platformの一部であり、ロボットによるプロセスの自動化(RPA)とデジタルプロセスの自動化(DPA)の両方の機能を備え、さらに人工知能(AI)によって強化された単一のソリューションとして提供されます。

これらの機能により、何千もの構築済みテンプレートと何百ものコネクターを提供する統合エコシステムで、アプリケーションやサービス間の自動ワークフローを作成することができます。これにより、ファイルの同期、通知の取得、データの収集など、すべてのビジネスプロセスがより効率的になり、生産性の向上と時間の節約が可能になります。

Microsoft Power Automate: 特徴

Microsoft Power Automate: 特徴

従来のMicrosoft Flowは、すでに多くの機能を備えていましたが、Microsoft Power Automateに生まれ変わったことで、さらに多くの機能が追加されています。

  • 何百もの組み込み済みコネクタ
  • ノーコードガイダンス
  • クラウドベースのデータ損失防止
  • アイデンティティとアクセス管理
  • コードを見る機能
  • ダイナミックコンテンツ式エディタ
  • トリガー検索
  • AIビルダー
  • UIフロー(RPA)、DPA。

Microsoft Power Automate: メリット

Microsoft Power Automateを使えば、時間のかかる手作業を内蔵のAI機能で自動化することができ、戦略的で価値の高い機会に集中する時間を増やすことができます。

  • 生産性と精度の向上
  • 戦略的機会に集中する時間を確保
  • 少ない労力でより多くの成果を上げる
  • ビジネスプロセスの合理化
  • 自動化されたプロセスにインテリジェンスを追加
  • 結果を予測してパフォーマンスを向上

Forrester Consulting が委託した Total Economic Impact™ 調査によると、Microsoft Power Automate と Microsoft Power Apps のユーザーは、3 年間で 362% の ROI を達成し、アプリ開発コストを 70% 削減し、3 年目にはビジネスプロセスの効率性を平均 15% 改善したことがわかりました。

sa.globalはどのようにしてそのような利益を得ることができるのでしょうか?

Microsoft Power Automate: ユーザープラン

ユーザーによるライセンス
1ユーザーあたりのプラン 個々のユーザーが独自のニーズに基づいて無制限のフローを作成することができます。
参加型RPAのユーザーごとのプラン 個々のユーザーが無制限にフローを作成できるほか、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)やAIを活用してレガシーアプリケーションを自動化することができます。
フローによるライセンス
フロープランごと 組織内の無制限のユーザーにサービスを提供する予約済みの容量を持つフローの導入

どのプランを選べばいいのか、費用はどれくらいかかるのか。

ライブラリー

Search